復縁するには相手に好意を見せて良いか?



普通の恋愛であれば、
相手にこちらの好意を見せるという事によって
相手が興味を持ってくれ、徐々に親しくなれる可能性がありますね。

しかし、復縁の場合は違います。

好意を見せることによって、
復縁を迫られるんじゃないか・・・という思いで、
距離を置こうとするケースが多いようです。


このことから、復縁を考える時、
こちらの好意をバレてはいけないとおもいがちですが、

好意を見せることが必要な時もあることを
知っておいて下さい。

では、どんな時に好意を見せて、
どんな時は見せない方が良いのでしょうか。


●好意を見せない方が良いケース

1.相手が距離を置こうとしている段階

メールの返信も来たり来なかったり、
返信も簡素なもので明らかに距離を置こうとしている場合は、
好意を見せると逆効果です。


2.都合の良い扱いを受けている場合

この場合は、全く興味のないフリをしてしまうと良くありません。
しかし、こちらから積極的に好意を見せてしまうと相手は
ますます調子に乗ってテキトーな扱いになります。

あなたの好意を感じる事で、
相手は「少々の事では離れないだろう」
という安心感から、扱いがテキトーになってしまう可能性が高いです。


3.相手も割り切ろうと必死な時

別れた直後に多いのですが、
相手から別れを切り出している場合はこのケースが多いです。

相手もスパっと割り切る事は難しいと思いつつ、
自分から切り出したのだから一線引こう、と思っています。

この状態であなたから好意を見せて近づくと、
相手は自分の意思を妨げられると感じて
何とか距離を取ろうとしてしまいます。


特に2のケースでは、「好き」と言い続ければ
チャンスがあるのではないか、と思ってしまいがちですが、
それは間違いです。

実際はテキトーに扱われて、
あなた自身の価値が下がってしまうことも多いのです。
注意してくださいね。


●好意を見せた方が良いケース

1.距離が近づいてきていると感じる段階

あなたの努力で徐々に、相手との距離が縮まってきている時。
相手もあなたに興味を持って少しずつ心を開いてくれている段階。

このような状況で好意のない素振りを見せてしまうと、
相手は勇気が持てず、それ以上近づこうとしなくなります。

勘違いもあり得るので注意が必要ですが・・・。


2.あなたから振った場合

あなたから振った場合で、相手も嫌悪感を持っていないケースでは
一度失ってしまったあなたの信用を取り戻す意味でも、
好意を見せた方が良いと思います。

相手はあなたの愛情に対して疑心暗鬼ですから、「好き」という
言葉や褒め言葉よりも、行動で愛情を感じるよう気遣った方が
より信頼回復も早いと思います。

もともと相手はあなたのことを嫌いになったわけではないので、
あなたの愛情が感じられれば、少しずつ心を開いてくれます。


3.明らかにあなたの好意がバレていて、なおかつ相手が嫌がらない

どう考えても、あなたの好意はバレバレの状態で、かといって
相手が距離を取ろうとしない、むしろより親しげにしてくる、
といった状態はGOサインだと思います。


特に1の場合は、判断が難しい所です。

自分では近付いていると思っていても、単に相手が割り切っただけで
復縁なんて露も考えてない、という場合もありえます。

そんな時は、身近な友達などに状況を話してみて、第三者の冷静な
見方を教えてもらった方が良いでしょう。

つい当事者は、必要以上に良い方へ考えるか、必要以上に悪い方へ考えるかのどちらか、という傾向もあります。

自分の判断に自信が無い時には、素直に友達に聞いてみて下さい。

その時にあなたの復縁に反対している方だと、
良い方向へは見てくれないこともあるので、
あなたの復縁を応援してくれる友達か、もしくは
あなたの話だと告げずに一般論として聞いてみると良いでしょう。


このように、好意はただ隠せば良いというものでもありませんし、
好きだという気持ちを押し付けるだけでも良くないと思うのです。

もしあなたが、彼女(彼)と良い雰囲気なんだけどな・・・。
どうせバレてるだろうな。
と思うのであれば、基準にしてみて下さいね。


▼私はまだまだ隠した方が良さそうです。どうすれば良いですか?
▼判断が難しいです。嫌われてるのか、そうでないのか・・・。

という方は、こちらのサイトを参考にして下さい

男性はこちら

女性はこちら





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。